鍼灸師の仕事

作業9

鍼灸師ろいう資格はなく、はり師、きゅう師という2つの資格に分かれています。 両方取得される方が多い為、鍼灸師と呼ばれています。 鍼灸師になると幅広い職場でのお仕事に就く事ができます。 鍼灸院が一般的ですが、スポーツトレーナー、介護福祉施設、マッサージ屋などがあげられます。 これからの高齢化者に向けて鍼灸師の活躍は益々増すばかりでしょう。 手術や薬に絶えられない高齢者の体ははり師やきゅう師の必要性があります。 鍼灸師の特典としては、自分の意思ではり、きゅうの施術する事ができます。 鍼灸院では、医師の診断書があれば、保険治療も行うことができます。 病院の治療が難しい患者様に対しての処置としてはり、きゅうは治療点を刺激し痛みを和らげる事ができます。

病院には行きにくい、病院嫌いだと言われる患者さんも鍼灸院だったら行ける方もいらっしゃいます。 親切丁寧な施術で痛みを緩和していただけるのなら鍼灸師の方が怖さがないかもしれません。国家資格を持つ専門家ですし、ツボの刺激ですので、カイロプラクティックや整体などとは施術方法がまた違います。 薬による副作用もないですし、体の負担もありません。 病院も必要ですが、はり、きゅうで治せるのなら上手に利用される価値はあります。 これからは、高齢化社会となりお年寄りが増えてきますので、介護福祉施設なども需要があります。看護師さんや医者もいる介護福祉施設もあるとは思いますが、鍼灸師が1人でもいますと利用者さんにも安心です。